マッサージはギリシャ語のマッシー(揉む)、ラテン語の手、アラビア語のマス(押す)、
ヘブライ語の触るが語源とされる。
紀元前4世紀頃、ギリシャの医聖ヒポクラテスが他の医師たちに対し、「マッサージの研究をすべきである」
と必要性を説いた。しかし、その後医学としてのマッサージが伝わる事はなく、民間療法として止まった。
16世紀後期、フランスの医師である、アムグロアスバレーがマッサージの効能や必要性、医療術を研究し、
フランス中にマッサージの効力を強く、主張するに至った。この主張によって、マッサージ療法は、
医療法としてだんだん見直されるようになり、広まっていった。
18世紀〜19世紀頃になると、スウェーデンのバー・ヘンリック・リングが治療体操を用いてマッサージに
ついても研究をし、スウェーデンマッサージの基礎を作り上げる。これをもとにマッサージはオランダ、
ドイツ、フランス、ポルトガルなど、欧州に広まっていった。
その後、マッサージ医療が医療術の一つとして現在に至っている。

日本においては元々按摩が用いられてきた。
明治時代、軍医である橋本乗晃がフランスのマッサージを視察し、研究した。
その後、日本にマッサージを医療法の一つとして導入された。
現在、運動前後に筋肉を解す為にマッサージをすることも多い。
現在の「あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律」において、
あん摩マッサージ指圧師免許もしくは医師免許(共に国家資格)がなければ日本において
マッサージを業として行うことはできない、とされている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

エステ体験 札幌 エステ体験 横浜 エステ体験 千葉 エステ体験 東京 エステ体験 名古屋
エステ体験 京都 エステ体験 大阪 エステ体験 神戸 エステ体験 福岡 エステ体験 埼玉